透析による腎臓病の治療を出来るだけ避けたいと考えている方は多いですよね。

透析を受けなければならないほど、腎臓病の状態が悪化してしまった場合は
一生治療を受け続けなければなりません
近年は透析の技術が進歩し、治療の内容もかなり患者さんにとって楽になってきたようですが
それでも一生治療し続ける必要があるというのは、精神的なダメージが大きいといえます。

透析療法を受ける目安としては腎臓の機能が10%未満となっている状況か、
もしくはクレアチニン検査を受けた結果、その数値が8.0mg/dl以上とされています。

内容としては大きく分けると2種類あり
症状や医師の診断結果によっても導入される透析療法に違いが出てきますが、
腹膜透析(PD)・血液透析(HD)と呼ばれる治療を受けることとなります。

簡単に説明すると、腹膜透析(PD)は腹膜を使った治療法で、
血液透析(HD)は透析器を通して血液をキレイにする治療法です。

腹膜透析(PD)ですと、毎回病院へ通う必要がなく自宅や勤務先で行うことが可能なのですが、
血液透析(HD)の場合はそうはいきません。
毎回病院で行う必要があるのです。
自宅でも行うことが可能だとは言われていますが
いすれにしろ、自分のライフスタイルに合った透析療法を行っていった方が良いでしょう。
医師と相談しながら決めていくことによって、納得がいく腎臓病の治療を受けることができます。

特にメリットデメリットについては理解できるまで確認するようにしましょう。