腎臓病の治療で使用する薬は病状によって様々ではありますが、
一般的は降圧薬を利用することが多いようです。
腎臓と血圧には深い関係性があり正常に機能しなくなった腎臓は、
体内の水分調節や電解質の調整をとることが出来なくなることから
徐々に血圧を上げることになるため、降圧薬が使われるようです。

基本的には、一度重度の腎臓病を患ってしまうと完治することが難しく、
病状が悪化しないように遅延させるしかないと考えられています。
ですから、降圧薬を持ちいるということは、ようするに腎臓の機能の低下を遅らせ
血圧を下げて腎臓への負担を減らす目的で使用されているといっても過言ではないでしょう。

また、腎臓が弱ってしまいその一部分が機能しなくなると
合併症を引き起こす可能性も高くなっていきます。
ようするに、症状が悪化する前にその原因となる部分を降圧薬を使ってできるだけ抑えるということですね。

降圧薬といっても、様々な種類がありますので用途もその都度違ってきますが
場合によっては1種類ではなく、複数の種類が処方されるケースもあります。

この他にも、腎不全で肝臓移植した後は免疫拒絶反応を抑える薬が処方されたり、
腎臓病を引き起こすきっかけを作りやすい病気の治療のために副腎皮質ホルモンが使われることもあります。

処方された薬は医師から出された時に必ず確認をするようにし、
何のために飲む薬なのかを理解しておくことで
より自分の体に対しての理解が深まるといえますね。