透析療法を受ける必要がある場合は
その治療法についてしっかりと理解しておかなければなりません。
なぜなら、腎臓病の中でも透析を受ける段階となると
かなり病状が深刻だといえますし、一生透析による治療を受ける事になりますので
自分に合った方法を取り入れていく必要があるからです。

まず、血液透析についてですが治療を受けるためには
平均で週3回程度病院へ通う必要があります。
ですから、会社勤めをしている方にとっては、とても難しい腎臓病の治療法となりますね。

具体的には、動脈と静脈をつなぐ手術を行った後意図的に血液を静脈へ流し込めるようにし、
専用の機械を使って血液の中に溜まっている不要な老廃物や毒素を取り除いていくこととなります。

そうすることによって血液の中がキレイになりますので、
腎臓にかける負担が軽減されるというわけです。
ただし、治療に4時間程度かかりますので、時間に余裕がない方には不向きかもしれません。

一方、腹膜透析はどうでしょうか。
血液透析を行うよりも機能している腎臓の一部を活かすことができる治療法なため、
自力で尿が排泄されなくなるタイミングを伸ばすことが可能だとされています。

ただし、腹部に細いカテーテルを入れる手術が必要ですし、
そのために入院をしなければなりません。
また、手術が終わって回復してきた後は
自分で日常生活で必要となるケア方法を習得する必要があります。

治療の内容としてはお腹の中に透析液を入れ、
老廃物や毒素を透析液と一緒に出していくこととなります。

このように、メリットデメリットがありますので
医師に相談の上自分に合った腎臓病治療を取り入れるようにしてください。