一言で腎臓病といっても人によって症状は様々です。
そのため、食事に関しても
腎臓病の食事療法は多岐に亘るといわれています。

一般的には、専門の医療機関に相談したり
担当の医師や管理栄養士のサポートを受けながら食事制限を行っていくこととなります。

例えば糖尿病性腎症腹膜透析血液透析の場合の食事についてはどうでしょうか。

まずは、血液透析や腹膜透析のケースからみていくことにしましょう。

腎臓病を患い、腎臓の機能が著しく低下してしまった場合は
自力で老廃物や毒素の除去を行うことが出来なくなっています。

その除去する作業を助けてくれるのが透析治療です。

しかし失った機能をすべてカバーしてくれるわけではありませんので
透析治療だけでは治療は不十分だといえるのです。

そこで重要となってくるのが【食事】です。

腹膜透析と比べると血液透析の方が食事制限が厳しくなりますが
尿の排泄状況などによっても摂取する食事内容が変わってきますので
自己管理がとても大変だといえますね。

また、糖尿病性腎症のケースですと
一般的には糖尿病の食事療法を取り入れた内容となります。

尚、腎臓病からくる浮腫や高血圧の度合いによっては
塩分やたんぱく質の摂取制限が設けられることがあります。

詳細に関しては自己判断せずに、
専門の医師や管理栄養士の支持を仰いだ方が賢明だと言えるでしょう。

慣れるまでが大変ではありますが、
食事の内容によってその後の治療方が大きく変ってきますので軽視しないようにしましょう。