腎臓病を患った場合は
できるだけ栄養素に詳しい専門家に食生活のアドバイスを貰うことをおすすめします。

通院している病院によっては食事に関する細かな指導を行ってくれる場合もありますが、
それが難しいということであれば、担当の医師に相談したり
管理栄養士の資格を持っている人を探すなどして、適切なアドバイスを貰うようにしましょう。

基本的には、栄養バランスのとれた食事を摂ることが重要となってきますが
腎臓病であるからこそ、摂取するのを避けたい栄養素も存在します。

摂取を避けたい代表的な栄養素としてはたんぱく質やナトリウムなどがありますが
これらの栄養素を控えることにより、腎臓病の悪化を防ぐことが可能となります。

たんぱく質を多く摂取してしまうと、
腎臓から尿素や窒素、クレアチニンなどの物質を大量に排泄されてしまうため
体に大きな負担を掛けることにつながりますし、
ナトリウムを摂取し過ぎてしまうと、高血圧や浮腫を引き起こしやすくなります

最初は、食生活に気を付けるだなんて面倒臭いと感じるかもしれませんが、
腎臓病が悪化して透析治療を検討しなければならない段階となってくると、
食生活を改善していくだけで、腎不全になることを遅らせることができるだけでなく
透析治療を遅らせることも可能となるのです。

自分で食事に関してゼロから学んでいく必要はありません

是非、専門家の方に助けてもらいながら
食生活の見直しを行い改善することが出来るよう努力してみてください。