腎臓病には様々な原因や症状がありますので、
おのずと検査方法にも違いが出てきます。

簡単な尿検査だけで、たんぱく質や血液の成分が
多量に排出されていないかを確認する検査方法もありますが、
この検査結果が思わしくなかった場合は
更に詳しい検査を行っていくことになります。

そうすることによって、
どのような種類の腎臓病を患っているかを特定することが出来るようになりますので
より適切な治療が受けられるということですね。

具体的な検査方法としては【尿沈査】が一般的です。

病状や医師の診断の結果などによっても検査方法は違ってきますが、
ここではもう少し尿沈査についてみていくことにしましょう。

尿沈査は、尿を専用の遠心分離機にかけ
尿の中に沈んでいる固形成分を調べていく検査方法です。

固形成分は肉眼で見分けることが難しいため、
顕微鏡を使ってより詳しく確認していくことになります。

 

尿の中に沈んでいる成分としては、赤血球・白血球などの
血液成分や結晶成分などがありますが、
尿検査だけでは分からなかったより詳しい状況が把握出来るようになるため
非常に有効な検査方法の1つだといえます。

ちなみに、尿沈査の検査を行うということは本来ならば大量に含まれることのない
たんぱく質や血液成分が尿の中に認められたということでもあります。

だからといって、一概に腎臓病だと診断することはできませんが
いずれにしろ腎臓に異変が起こっている状況ではあるため、適切な治療を受ける必要があるといえます。