» 腎臓病を考えた食事についてのブログ記事

腎臓病を患った場合の食生活についてはいくつかの注意点が存在します
結論から言いますと、特にたんぱく質やナトリウムの摂取量に注意を払っていく必要があるのです。

まず、たんぱく質についてですが
1日に摂取する必要がある量を出来るだけ超えてはなりません。
なぜなら、たんぱく質を多量に摂取してしまうと体内に老廃物が増えてしまうため
腎臓に直接多大な負担を掛けていくことになるからです。
たんぱく質といってもイメージしづらいかもしれませんが、
代表的な食物としては、肉、魚、卵などがあります。
自分で調整していくことが難しいということであれば、
医師や専門家の指導を受けながら調整していくことをおすすめします。

次にナトリウムについてですが、腎臓病によって機能が低下してしまった腎臓は
塩分の排泄を上手く行うことが出来なくなっています。

そのため、かなりの負担を腎臓にかけることとなり
高血圧や浮腫を引き起こすきっかけをつくってしまうのです。

要するに、たんぱく質にしてもナトリウムにしても、
腎臓の機能が正常であれば問題なく処理されていくのですが、
腎臓病によって弱ってしまったり、正常に機能しなくなった腎臓には
負担が大きすぎるということですね。

また、たんぱく質の制限を行うとエネルギーの摂取が難しくなることがありますが
そのような場合は、糖分や脂肪分からエネルギーを摂取するように心掛けてください。

このように、毎日の食事に工夫が必要となってきますが
すべて自分一人で行う必要はありませんので
出来ないところは専門家に助けてもらうようにしましょう。

一言で腎臓病といっても人によって症状は様々です。
そのため、食事に関しても
腎臓病の食事療法は多岐に亘るといわれています。

一般的には、専門の医療機関に相談したり
担当の医師や管理栄養士のサポートを受けながら食事制限を行っていくこととなります。

例えば糖尿病性腎症腹膜透析血液透析の場合の食事についてはどうでしょうか。

まずは、血液透析や腹膜透析のケースからみていくことにしましょう。

腎臓病を患い、腎臓の機能が著しく低下してしまった場合は
自力で老廃物や毒素の除去を行うことが出来なくなっています。

その除去する作業を助けてくれるのが透析治療です。

しかし失った機能をすべてカバーしてくれるわけではありませんので
透析治療だけでは治療は不十分だといえるのです。

そこで重要となってくるのが【食事】です。

腹膜透析と比べると血液透析の方が食事制限が厳しくなりますが
尿の排泄状況などによっても摂取する食事内容が変わってきますので
自己管理がとても大変だといえますね。

また、糖尿病性腎症のケースですと
一般的には糖尿病の食事療法を取り入れた内容となります。

尚、腎臓病からくる浮腫や高血圧の度合いによっては
塩分やたんぱく質の摂取制限が設けられることがあります。

詳細に関しては自己判断せずに、
専門の医師や管理栄養士の支持を仰いだ方が賢明だと言えるでしょう。

慣れるまでが大変ではありますが、
食事の内容によってその後の治療方が大きく変ってきますので軽視しないようにしましょう。

腎臓病を患った場合は
できるだけ栄養素に詳しい専門家に食生活のアドバイスを貰うことをおすすめします。

通院している病院によっては食事に関する細かな指導を行ってくれる場合もありますが、
それが難しいということであれば、担当の医師に相談したり
管理栄養士の資格を持っている人を探すなどして、適切なアドバイスを貰うようにしましょう。

基本的には、栄養バランスのとれた食事を摂ることが重要となってきますが
腎臓病であるからこそ、摂取するのを避けたい栄養素も存在します。

摂取を避けたい代表的な栄養素としてはたんぱく質やナトリウムなどがありますが
これらの栄養素を控えることにより、腎臓病の悪化を防ぐことが可能となります。

たんぱく質を多く摂取してしまうと、
腎臓から尿素や窒素、クレアチニンなどの物質を大量に排泄されてしまうため
体に大きな負担を掛けることにつながりますし、
ナトリウムを摂取し過ぎてしまうと、高血圧や浮腫を引き起こしやすくなります

最初は、食生活に気を付けるだなんて面倒臭いと感じるかもしれませんが、
腎臓病が悪化して透析治療を検討しなければならない段階となってくると、
食生活を改善していくだけで、腎不全になることを遅らせることができるだけでなく
透析治療を遅らせることも可能となるのです。

自分で食事に関してゼロから学んでいく必要はありません

是非、専門家の方に助けてもらいながら
食生活の見直しを行い改善することが出来るよう努力してみてください。