» 腎臓病の対応のブログ記事

腎臓病を患っている患者数は、日本国内で1300万人以上存在するといわれています。
そして専門の医療機関で治療を受けている方は、その半数以上である600万人もいるのです。

近年、急激に腎臓病を患う人が増えてきているということもあり、
決して他人事とは思えない病となってきていますが
腎臓病の一番の欠点は、体の異変に気付いた時にはかなり病気が進行しているということです。
また腎臓そのものは体内でとても重要な役割を果たしていますので、
腎臓の機能が著しく低下してしまうと健康を害するだけでなく、他の病も引き起こしてしまいます。

それであれば、症状に気付いた時点で病院へ行って
治療を受ければいいと考える方がいらっしゃいますが、
腎臓は回復機能を持ち合わせていない臓器です。

ですから、完全に機能を失ってしまった腎臓は二度と元の健康な状態に戻らないのです。
出来る事といえば、これ以上症状が悪化しないように食い止めるための治療を施していくことだけだといえます。

尚、診察を受ける際は必ず専門医のいる病院へ行くようにしてください。
むやみやたらと透析を進める病院は、大変危険だからです。
検査や診察をしっかり行うことなく透析を行ってしまうと、
後々大変な事態を引き起こすことがあります。

このように、腎臓病の治療を受けていくにあたって気をつけなければならないことはたくさんありますが、
まずは規則正しい生活を心掛け、疲れやストレスを溜めないように気をつけていけば
より体の状況が楽になるといえます。

もちろん食事には細心の注意を払うようにしましょう。

腎臓病は初期段階では自覚症状がほとんどないため
慢性化してから病院へ行って診察を受けることが多い病だといわれています。

そのため非常に難しい治療が必要となることもあり、
状況によっては完治が難しいといえます。

また、一部の腎臓機能が失われてしまった場合は
二度と元に戻ることはありません。
しかし、まだ機能している腎臓が残っているということであれば
可能な限りその機能を維持してくための治療を続けていくことが必要となってきます。

一般的には腎臓病の程度に合わせた薬物を使ったり
毎日の食事の内容に気をつけたりしますが
腎臓病の原因となっている病気が他にある場合は
その病気の治療から始めることもあります。

腎臓病の原因となっている病気についてですが
具体的には、糖尿病や腎硬化症などを挙げることができます。

尚、腎臓の機能がほとんど停止してしまう腎不全に冒された場合は、
腎臓移植を検討しなければなりませんが、医師とよく話し合いを行った上で決断していく必要が出てきます。

場合によっては腎臓移植をするまでもなく
透析治療で腎臓機能を維持できることもあるようですので
症状が軽度な方であれば、腎臓移植を避けることもできるようです。

しかし、透析によって毒素や老廃物を体内から除去することができたとしても、
腎臓機能の補助までは行ってくれません。

その分薬でカバーしていくこととなりますが
合わせて食事にも気をつけていかなければならないため、毎日の体調管理が大変だといえます。

腎臓病が原因で腎臓の機能が著しく低下した場合様々な症状を引き起こしていきますが、
その中の1つとして、糸球体でろ過されなかった尿素窒素が
血液中に戻ってきてしまうということが挙げられます。

尿素窒素は普段聞きなれない言葉ではありますが、
体内で使われたたんぱく質と深い関係があり
ようるすに老廃物と捉えておいて間違いはないといえるでしょう。

健康な状態では、最大でも20 mg/dl程度の数値だといわれていますが
血液中に戻ってきてしまった尿素窒素が蓄積されていくと
この数値を超えてしまうことになります。

腎臓病以外で数値が高くなる理由としては、
身近なところでいうと脱水や発熱などがありますが、悪性腫瘍などの深刻な病が原因で
尿素窒素が体内に蓄積されていくこともありますので、病状によって対処方法にも違いが出てきます。

逆に、尿素窒素の数値が著しく低い場合に考えられる原因としては
肝不全やたんぱく質を十分に摂取していないことが挙げられます。

こちらに関しても、症状によって対処方法が変わってきますね。

このように尿素窒素が体内に与えている影響は非常に大きいといえますが
日々の生活習慣を改め健康的な毎日を過ごしていくことによって
上記のような事態を引き起こさずに済むといえます。

これは、腎臓病に関しても同じことがいえますよね。
症状が悪化してから病院へ駆け込むのではなく、
常日頃から健康管理に気をつけ体を大切にするようにしましょう。

腎臓病が悪化してくると透析の治療を検討しなければなりません。
その際の判断材料として、クレアチニン検査を行うことがあります。

数値としては、8.0mg/dlを超えているかどうかを基準としているようですが
あくまでも目安とされている数値ですので、病状と合わせて医師が判断することとなります。

場合によっては、透析の治療が見送られることもありますが
素人判断では何も決めることができないため、
必ず専門の医師の指示に従うようにしましょう。

また、なぜ透析の導入を検討する際に、
クレアチニン検査が必要となるのかについてですが、
その前に健常な腎臓機能について確認しておくことにしましょう。

腎臓病を患う前の健康な腎臓は、血液内に含まれているクレアチニンをろ過した後
体内に再吸入させることなく尿として排泄させていく仕組みになっています。

ところが、腎臓病を患い正常な機能を失ってしまうと、
尿として一緒に排泄させることができなくなり
次第に血液中にクレアチニンが蓄積されていくことになります。

ですから、クレアチニン検査を行った結果クレアチニンの数値が高くなっていた場合は、
腎臓の機能が低下しているということが分かるのです。
その場合は、腎臓病を患っているということになりますよね。

病状が悪化していくと、もちろんクレアチニンの数値も高くなっていきますので
早急に適切な治療が必要となるわけです。

クレアチニンの平均的な数値ですが、
男性は最大でも1.1mg/dl程度、女性では0.7mg/dl程度と
いわれていますので、1つの目安として捉えておくとよいでしょう。

腎臓病には様々な原因や症状がありますので、
おのずと検査方法にも違いが出てきます。

簡単な尿検査だけで、たんぱく質や血液の成分が
多量に排出されていないかを確認する検査方法もありますが、
この検査結果が思わしくなかった場合は
更に詳しい検査を行っていくことになります。

そうすることによって、
どのような種類の腎臓病を患っているかを特定することが出来るようになりますので
より適切な治療が受けられるということですね。

具体的な検査方法としては【尿沈査】が一般的です。

病状や医師の診断の結果などによっても検査方法は違ってきますが、
ここではもう少し尿沈査についてみていくことにしましょう。

尿沈査は、尿を専用の遠心分離機にかけ
尿の中に沈んでいる固形成分を調べていく検査方法です。

固形成分は肉眼で見分けることが難しいため、
顕微鏡を使ってより詳しく確認していくことになります。

 

尿の中に沈んでいる成分としては、赤血球・白血球などの
血液成分や結晶成分などがありますが、
尿検査だけでは分からなかったより詳しい状況が把握出来るようになるため
非常に有効な検査方法の1つだといえます。

ちなみに、尿沈査の検査を行うということは本来ならば大量に含まれることのない
たんぱく質や血液成分が尿の中に認められたということでもあります。

だからといって、一概に腎臓病だと診断することはできませんが
いずれにしろ腎臓に異変が起こっている状況ではあるため、適切な治療を受ける必要があるといえます。

腎臓病を患っている方は大変多いですが、自分の身近に腎臓病患者がいない場合は
検査方法や治療方法などについて詳しく聞けないということがありますよね。

病院へ行ってから医師に確認することもできますが、
その前に基本的なことはある程度知っておいた方が幾分不安も解消されるといえます。

基本的には、病院によって腎臓病の検査方法は違うと考えていた方が良いでしょう。
心配であれば病院へ行く前に検査内容について確認しておいても良いですが、
ほとんどの場合は【尿たんぱく定性検査】や【尿潜血定性検査】を行うことが多いといえます。

検査自体は非常に簡単で尿検査を行うだけとなっています。
この検査を行うことによって、尿の中にたんぱく質や血液の成分
主に赤血球が多量に含まれているかどうかを見分けることができますので
腎臓病を患っているかどうかの判断材料に使われることとなります。

ちなみに検査の結果、異常がある場合は潜血プラス(+)
つまり陽性と検査結果の用紙に記載され、
糸球体や尿細管の機能が低下していることが考えられます。

本来尿の中に大量のたんぱく質や血液の成分が含まれることはありません
それにもかかわらず多量に排出されているということであればより詳しく調べるために
今度はどのくらいの量のたんぱく質や血液の成分が排出されているかを検査してくことになります。

手軽に行える検査ですし痛みを伴うようなことはありませんが、
最近尿の色に異変を感じるようになったということであれば
一度検査を受けてみた方が良いでしょう。