» 腎臓病の対応のブログ記事

腎臓病の治療には、専門医の適切な指導が重要となってきます
また、自分の体の状況だけでなく、疑問に思っていることや普段の生活習慣などについても
気軽に相談できるような関係性を作っていくことが大切だと言えるでしょう。

一度腎臓病を患ってしまうと病状によっては完治することが難しく、
失われた腎臓機能を取り戻すことができないということもあって
腎臓病と長く付き合っていかなければなりません。

そのような時に、適切なアドバイスや親身に相談に乗ってくれる医師は、
とても心強い存在となるはずです。

また、特に普段の体調管理や生活習慣の改善に関しては、
細かく確認をしていった方が良いでしょう。

例えば、仕事が忙しく身体を休めることが難しいということであれば
だんだんと疲労やストレスを体内に溜めこんでいくことになりますので
必然的に腎臓に負担を掛けていくことになります。

しかし、仕事をしなければ生活を維持していけないわけですから
規則正しい生活を送るようにとアドバイスを受けても
そんなことは分かっていると思ってしまいますよね。

その上、適度に運度をしてくださいと更に分かりきったことをアドバイスされたとなると
益々治療を受け続けることが苦痛になっていきます。

このような悩みに関しても信頼できる医師から適切なアドバイスを受けることができれば
自分に合った生活習慣の改善方法を見つけていくことが可能だといえます。

最終的には、腎臓病の治療を受けながら根本的なところから生活習慣を改めることになりますが、
適切なアドバイスや適切な治療を施してくれる医師と巡り合うところから始めてみましょう

腎臓病による移植を決断した場合は、早速準備に取り掛かることとなります。
手術を行う病院については人によって違ってきますが、
基本的には通院中の病院で紹介状を用意してもらい
腎臓移植専門の病院へ行くことになるようです。

また、一言で腎臓移植といっても誰から腎臓の提供を受けるのかによっても手続きの方法に違いが出てきます。
生体腎臓移植ですと、自分の家族や血縁者、配偶者と病院へ行き
腎臓移植について説明を受けたり、検査・診察を受ける運びとなります。

一方、献腎臓移植の場合亡くなった方から腎臓を提供してもらうため、
ドナーが見つかるまでは手術を受けることがでず
継続して腎臓病の治療にあたる必要があります。

尚、具体的な手術の方法についてですが、
一般的には右下腹部の骨盤腔内へ腎臓が移植され
約3時間前後の時間で手術は終了することがほとんどです。

また、生体腎臓移植の場合すぐに腎臓の機能が認められるようになるケースが多く
尿が排泄されるまでにもそこまで時間が掛らないようです

献腎臓移植の場合ですと、そこまでスムーズに腎臓が機能するわけではありませんが
なかなか機能しない場合は透析療法を受けることによって、徐々に機能を取り戻していきます

手術後、数ヶ月の入院、免疫抑制剤の服用、退院後の通院と大変な時期が続きますが
国内で腎臓移植の手術を受けると、医療費の負担がかなり軽減されるようになっています。

健康な体を取り戻すまでには至らないかもしれませんが、
腎臓病を患っていた頃よりも健康的な生活を送ることが出来るようになることでしょう

腎臓病が悪化した場合、最終的な治療法として選択されるのが腎臓移植です。
腎臓移植となると不安を隠せない方が多いですが、
移植後の腎臓が機能する確率は、生体腎臓移植後5年で約8割、
献腎臓移植後ですと約7割といわれています。

そもそも、生体腎臓移植と献腎臓移植のどちらを選択するかによって、
大きく腎臓病の治療の内容が変わってきますが、
まずは生体腎臓移植から簡単にみていくことにしましょう。

生体腎臓移植の場合、
腎臓が提供されるのは自分の血縁者や配偶者などの身内となります。
基本的には1つの腎臓を提供してもらうこととなりますので、
提供してもらう家族の体にも負担を掛けることになります。

一方、献腎臓移植はどうでしょうか。
これは、亡くなった直後の方の腎臓を提供してもらう方法です。
様々な基準が設けられているため、自分の病状とは関係なく
ドナーが見つかるまでは待ち続けなければなりません。

また、見つかったとしてもHLAという白血球の型ができるだけマッチしている必要がありますので
いずれにしろすぐに手術を受けることができるわけではありません。

尚、献腎臓移植を希望する場合は、
日本臓器移植ネットワークに登録しておくことが条件となっています。
医師の指導のもと、手続きを早めに行っておく必要があるといえます。

このように、一言で移植と行っても非常に大変な手術だといえますが、
手術に成功し資料が上手く行くと健康な人とまではいかなくとも
腎臓病を患っていた頃よりも健康的な生活を送ることが可能となります。

健康な腎臓には不要なものをろ過し、
尿として排泄させる働きがあります。
しかし、ひとたび腎臓病を患ってしまうと、
その機能が著しく低下し、体内に悪影響を及ぼしていくことになります。

そのため、腎臓病であるかどうかを判断するためには、
腎臓のろ過機能について詳しく検査を行っていく必要が出てきますが、
近年有効な検査方法として推算糸球体ろ過量(eGFR)が採用されるケースが増えてきているようです。

推算糸球体ろ過量(eGFR)を行うことによって、
腎臓内にある糸球体というろ過機能が正常に働いているかどうかが分かりますので、
より正確に腎臓の状態を把握することが可能となります。

一般的に、推算糸球体ろ過量(eGFR)検査は
より正確な情報を得たい時に活用されることがほとんどですが、
腎臓病の病状が著しく悪化している場合には、クレアチニン値を調べる検査を行うこともあります。

ただし、クレアチニン値を調べる検査の場合性別や年齢、体格などによって
正確な数値を得ることができないという指摘もあり、
また、腎臓の性質上機能が半数以下まで低下しなければ
クレアチニン値が高まってこないという欠点があります。

ですから、より正確な情報が欲しかったり
軽度の腎臓病などの診断を行う場合には、
クレアチニン値だけを調べても意味がないとも考えられているようです。

このように、病状や得たい情報によって検査方法が変わってきますが、
適切な治療を行うためには検査結果は必要な情報となりますので
病の進行度合いに合った検査を行う必要があるといえます。

腎臓病の治療には専門医の適切な指導が重要となってきます。
また自分の体の状況だけでなく、疑問に思っていることや、普段の生活習慣などについても
気軽に相談できるような関係性を作っていくことが大切だと言えるでしょう。

一度腎臓病を患ってしまうと病状によっては完治することが難しく、
失われた腎臓機能を取り戻すことができないということもあって
腎臓病と長く付き合っていかなければなりません。

そのような時に適切なアドバイスや、親身に相談に乗ってくれる医師は
とても心強い存在となるはずです。
また、特に普段の体調管理や生活習慣の改善に関しては
細かく確認をしていった方が良いでしょう。

例えば、仕事が忙しく身体を休めることが難しいということであれば
だんだんと疲労やストレスを体内に溜めこんでいくことになりますので
必然的に腎臓に負担を掛けていくことになります。

しかし、仕事をしなければ生活を維持していけないわけですから、
規則正しい生活を送るようにとアドバイスを受けても、
そんなことは分かっていると思ってしまいますよね。

その上、適度に運度をしてくださいと更に分かりきったことをアドバイスされたとなると、
益々治療を受け続けることが苦痛になっていきます。

このような悩みに関しても、信頼できる医師から適切なアドバイスを受けることができれば
自分に合った生活習慣の改善方法を見つけていくことが可能だといえます。

最終的には、腎臓病の治療を受けながら根本的なところから生活習慣を改めることになりますが、
適切なアドバイスや適切な治療を施してくれる医師と巡り合うところから始めてみましょう。

透析による腎臓病の治療を出来るだけ避けたいと考えている方は多いですよね。

透析を受けなければならないほど、腎臓病の状態が悪化してしまった場合は
一生治療を受け続けなければなりません
近年は透析の技術が進歩し、治療の内容もかなり患者さんにとって楽になってきたようですが
それでも一生治療し続ける必要があるというのは、精神的なダメージが大きいといえます。

透析療法を受ける目安としては腎臓の機能が10%未満となっている状況か、
もしくはクレアチニン検査を受けた結果、その数値が8.0mg/dl以上とされています。

内容としては大きく分けると2種類あり
症状や医師の診断結果によっても導入される透析療法に違いが出てきますが、
腹膜透析(PD)・血液透析(HD)と呼ばれる治療を受けることとなります。

簡単に説明すると、腹膜透析(PD)は腹膜を使った治療法で、
血液透析(HD)は透析器を通して血液をキレイにする治療法です。

腹膜透析(PD)ですと、毎回病院へ通う必要がなく自宅や勤務先で行うことが可能なのですが、
血液透析(HD)の場合はそうはいきません。
毎回病院で行う必要があるのです。
自宅でも行うことが可能だとは言われていますが
いすれにしろ、自分のライフスタイルに合った透析療法を行っていった方が良いでしょう。
医師と相談しながら決めていくことによって、納得がいく腎臓病の治療を受けることができます。

特にメリットデメリットについては理解できるまで確認するようにしましょう。

腎臓病の治療で使用する薬は病状によって様々ではありますが、
一般的は降圧薬を利用することが多いようです。
腎臓と血圧には深い関係性があり正常に機能しなくなった腎臓は、
体内の水分調節や電解質の調整をとることが出来なくなることから
徐々に血圧を上げることになるため、降圧薬が使われるようです。

基本的には、一度重度の腎臓病を患ってしまうと完治することが難しく、
病状が悪化しないように遅延させるしかないと考えられています。
ですから、降圧薬を持ちいるということは、ようするに腎臓の機能の低下を遅らせ
血圧を下げて腎臓への負担を減らす目的で使用されているといっても過言ではないでしょう。

また、腎臓が弱ってしまいその一部分が機能しなくなると
合併症を引き起こす可能性も高くなっていきます。
ようするに、症状が悪化する前にその原因となる部分を降圧薬を使ってできるだけ抑えるということですね。

降圧薬といっても、様々な種類がありますので用途もその都度違ってきますが
場合によっては1種類ではなく、複数の種類が処方されるケースもあります。

この他にも、腎不全で肝臓移植した後は免疫拒絶反応を抑える薬が処方されたり、
腎臓病を引き起こすきっかけを作りやすい病気の治療のために副腎皮質ホルモンが使われることもあります。

処方された薬は医師から出された時に必ず確認をするようにし、
何のために飲む薬なのかを理解しておくことで
より自分の体に対しての理解が深まるといえますね。

近年、年齢に関係なく糖尿病を患う方が増えてきています。
そして、それにともなう合併症に悩んでいる方も増加傾向にあるようです。

 

また合併症の1つとして腎臓病がありますが、
一般的には食事療法を取り入れることが多いようです。
しかし腎臓病は早期発見が難しいためそのまま放置されることが多く、
気が付いた時にはかなり深刻な状況となっている場合が多々あります。
そのため、尿の状態に変化が表れ始めた頃には
腎不全を引き起こす一歩手前まできていることもあるのです。

一般的には、尿の中にたんぱく質が認められるようになるため
定期的な検査を行っていれば、早期に腎症を発見することも可能ではあります。

尚、そのまま放置した場合最終的には腎不全期を迎えることとなり、
透析療法を本格的に検討しなけばなりません。

なぜなら糖尿病から引き起こされた腎臓病、
すなわち糖尿病性腎症は、他にも合併症を引き起こしやすいといわれているからです。

ですから少しでも腎不全を防ぎ腎臓の残された機能を保っていきたいのであれば
専門的な食事療法を取り入れ、早期のうちに腎症の治療を行っていく必要性があるといえます。

近年、糖尿病から引き起こされた腎臓病が原因で命を落とす方が増えてきました。

このことからも自分の体を過信せず適切な治療を受けていくことが
いかに重要かを知ることが出来るのではないでしょうか。

昔とは違い、早期であれば病を食い止めることは十分可能です。
今一度、生活習慣や食生活を見直すようにしましょう。

透析療法を受ける必要がある場合は
その治療法についてしっかりと理解しておかなければなりません。
なぜなら、腎臓病の中でも透析を受ける段階となると
かなり病状が深刻だといえますし、一生透析による治療を受ける事になりますので
自分に合った方法を取り入れていく必要があるからです。

まず、血液透析についてですが治療を受けるためには
平均で週3回程度病院へ通う必要があります。
ですから、会社勤めをしている方にとっては、とても難しい腎臓病の治療法となりますね。

具体的には、動脈と静脈をつなぐ手術を行った後意図的に血液を静脈へ流し込めるようにし、
専用の機械を使って血液の中に溜まっている不要な老廃物や毒素を取り除いていくこととなります。

そうすることによって血液の中がキレイになりますので、
腎臓にかける負担が軽減されるというわけです。
ただし、治療に4時間程度かかりますので、時間に余裕がない方には不向きかもしれません。

一方、腹膜透析はどうでしょうか。
血液透析を行うよりも機能している腎臓の一部を活かすことができる治療法なため、
自力で尿が排泄されなくなるタイミングを伸ばすことが可能だとされています。

ただし、腹部に細いカテーテルを入れる手術が必要ですし、
そのために入院をしなければなりません。
また、手術が終わって回復してきた後は
自分で日常生活で必要となるケア方法を習得する必要があります。

治療の内容としてはお腹の中に透析液を入れ、
老廃物や毒素を透析液と一緒に出していくこととなります。

このように、メリットデメリットがありますので
医師に相談の上自分に合った腎臓病治療を取り入れるようにしてください。

腎臓病をを患った腎臓は病状が悪化した場合、
全く機能することができなくなります。

病状が進行し腎不全を起こしてしまった場合は、
最悪腎臓移植を受けるしか無くなってしまいますが
そこまで悪化していない場合は弱った腎臓を助けるための薬が投与されることとなります。

その際によく処方される薬が【エリスロポエチン製剤・活性型ビタミンD製剤・カリウム抑制薬】です。

そもそも腎臓病は様々な症状が現れる病であり、
一人一人処方される薬にも違いが出てきます。

まず『エリスロポエチン製剤』について見ていくことにしましょう。
正常に働いている腎臓はエリスロポエチンを分泌してくれるのですが、
腎臓病を患うと、酷い場合は分泌がストップしてしまいます。

この時、貧血に似た症状が現れるようになりますが
和らげるためには注射によってエリスロポエチンを補う必要があるというわけです。

次に『カリウム抑制薬』はどうでしょうか。
腎臓の機能が低下していくことによって様々な成分が排泄されずに
血液中に戻ってくるようになりますが、その中の1つがカリウムです。

血液中に高濃度のカリウムが含まれる様になると、
心臓にかなりの負担を掛けることとなり、不整脈を引き起こし始めます。
そのような場合に、カリウム抑制薬が処方されるというわけです。

最後に『活性型ビタミンD製剤』についてですが、
腎臓機能の低下にともなうカルシウムの吸収率の低下を防ぐために用いられることがほとんどです。
どの薬も医師の指導が必要となりますので、適切な量を守るようにしましょう。