» 腎臓病の原因と症状のブログ記事

腎臓病は病状が悪化しなければ発見しづらい病だといわれています。
早期の段階で専門医の治療を受けることができればかなり改善がみられる病なのですが、
定期的に健康診断を受けている人は少なく、
そのため診察を受ける頃には深刻なまでに病状が悪化していることが多々あるようです。

その中でも尿毒症は腎臓病の進行度合いが酷くなった場合に罹る病の1つです。
通常健康体であれば、体内で不要となった老廃物や毒素は尿として体外へ排出されますが、
この尿毒症を患ってしまうと、血液中にどんどんと蓄積されていくこととなり様々な症状を引き起こしていきます。

この時の具体的な症状としては、食欲不振、嘔吐、高血圧、倦怠感などがありますが
更に酷い状況となると赤血球を作り出すことができなくなり
貧血を起こしていくようになります。

これはエリスロポエチンと呼ばれる赤血球を作り出すホルモンが分泌されなくなることが原因なのですが
ここまで症状が進んでしまうとかなり深刻だと考えておいた方が良いでしょう

その際の専門的な治療としては透析療法がありますが、
ほとんどの場合は腹膜透析血液透析が行われるようです。
これらの治療を行うことにより、体内に溜まってしまった老廃物や毒素を取り除いて行くことができますので
非常に効果的な治療法としてあらゆる病院で活用されています。

また、それでも改善されなければ腎臓移植を行うこととなりますが
このような状況にならないためにも、
早めに腎臓病の専門医の診察を受けることをおすすめします

腎臓病は初期の段階では自覚症状がない病だといわれています。
そのため、かなり腎臓の機能が低下しなければ
自ら病だと気づくことができないのです。

顕著に現れる症状としてはいくつかありますが、
その中でも浮腫高血圧は、分かりやすい症状の一種だといえます。

ただし、専門医の診察を受けずに自己判断してしまうと腎臓病だとは思わず
単なる疲れや風邪、ストレスだと勘違いしてしまうこともありますので注意が必要ですね。

腎臓の機能が正常ではなくなると、様々な症状を引き起こし始めますが
病状が進行していくと血圧の調整が上手くできなくなっていきます

正常に働いている時は、
自然と血圧のバランスを保ってくれるのですが,その機能が低下してしまうのです。

具体的な症状としては、吐き気、肩こりなど、
一般的にはただの体調不良として片づけてしまいがちな症状ではありますが
これらの症状が腎臓病からきている場合は、適切な治療が必要となってきます。

また、浮腫に関してですが、一言で浮腫といっても様々な理由があるため
すぐに腎臓病が原因だと判断することは難しいといえます。
こちらも、専門医の診察を受け初めて腎臓の機能が低下がきっかけで
引き起こされていたことに気づくケースが多いといえます。

そもそも浮腫は、体内の不要な水分や塩分が適切に排出されないことによって
引き起こされる症状ですが、場合によっては腎臓だけに限らず
心臓などの臓器の機能低下が原因となっていることもあります。

いずれにしろ専門医の診察は必ず受けるようにしてください

腎臓病は近年、とても患者数が増えてきている病です。
その割には、自分と関係のない病気だと思われがちなのですが、油断は禁物です。
なぜなら腎臓病は、早期発見でかなり改善される病だとされているにもかかわらず
かなり病状が進行しないと自覚症状がないといわれているからです。

病気にかかると、必ず何らかの症状を感じることができると考えてしまいがちですが、
腎臓病の場合は、検査をしなければ発見することが難しいようです。
また、早期に発見して適切な治療を始めなければ、
元の状態まで戻すこと難しいとされています。

ですから、まだ年齢が若いから関係ないとは考えずに
健康診断は自ら進んで受けに行った方が良いでしょう。

早期発見をするためには、こまめに検査を行っていくしかありません。

ようするに、身体の調子がおかしいと気づいた時には、
腎臓病がかなり悪化している状態だということですね。
病状が進行してしまうと、透析をしなければならなかったり、
最悪、移植を選択しなければならない可能性も出てきます。

このように、かなり病気が悪化しなければ気づくことができない病気であることから、
全体的な患者数は統計以上に存在していると考えられており、
予防対策が必要であるとの判断から、国の機関でも早急な対応策が検討されています。

昔とは違って、不治の病ではなくなっているからこそ健康管理に気をつけている方でも、
元気だからと過信せずに定期的な検査を受けるようにしましょう

自分の体は自分でしっかりと管理していくという
根本的な健康管理が重要なのです。

腎臓病は現代病と深くかかわっているということが、最近の研究結果で分かってきました。

例えば患者数の多い慢性腎臓病(CKD)の場合ですが
健康体の人達と比べると、心筋梗塞を患う可能性が倍以上高くなる傾向があるようです。
必ずしも腎臓の病を抱えている方が心筋梗塞になるというわけではありませんが、
元々、腎臓は体内で重要な働きを行っている臓器です。
水分調節を行ったり、老廃物や毒素をろ過するなど腎臓にしかできない働きが多数あります。
それにもかかわらず、腎臓病を患うことによりその働きのすべてが正常に行われなくなわけですから、
他の病を引き起こしやすくなるといっても納得せざるをえません。

また現代病の1つである脳梗塞についても、心筋梗塞と同じことがいえるようです。

それぞれの病の原因は全く違うと考えられてきましたが、
元を辿れば不規則な生活習慣や食生活、ストレスや運動不足などの積み重ねが原因となっていることが分かります。

ですから、現在の健康管理に自信がないということであれば
腎臓病だけでなく、これらの恐ろしい病と無縁であるとは言えないはずです。
症状を自覚するようになってから慌てても、治療に時間がかかるだけでなく完治しない可能性もあります。
また、最悪命にかかわることすらあるのです。

これらのことから、決して人事だとは思わずに定期的に健康診断を受け
日頃の日常生活を改めていくことから始めることをおすすめします。

腎臓病は初期段階では自覚症状がなく、早期発見が難しい病だといわれています。
そのため定期的に健康診断を行っていない人の場合は
かなり症状が進行してから腎臓病だと診断されるケースが後を絶ちません。

理想的なのは日頃からしっかりと健康管理を行い、
こまめに健康診断を受けておくことですが
忙しい現代人がそのような生活を送ることは難しいかもしれませんね。

腎臓病が悪化した場合に引き起こす病はいくつかありますが
その中でも一番避けたい病は【尿毒症】です。

あまりなじみのない病名かもしれませんが尿毒症になった場合は
治療が大変になるばかりか、最悪命にかかわってくることがあります。

健康な腎臓は、老廃物や毒素を体の外に排出してくれますが
尿毒症を患ってしまうと、体内に溜め込むようになってしまい
中毒症状を引き起こす原因となります。

また、毒素が体内に溜まっていくと神経や循環器などの
生命にかかわる器官に悪影響を及ぼしていくようになるのです。
治療法としては、透析療法腎臓の移植が考えられますが
治療により毒素や老廃物が取り除かれるとはいえ
定期的な治療が必要となってくるため、治療費が家計を圧迫するということも考えられます。

このように、腎臓病を放置してしまうと後々治療が大変になるばかりか、
一生病と付き合っていかなければならなくなってしまいます。
手の施しようがなくなる前に早い段階で適切な治療を受けるようにしましょう。

自覚症状がないからといって
しばらく放置しておくということは絶対に避けるようにしてください。

腎臓病はかなり進行するまで自覚症状がない病だといわれていますが、
その中でも大変恐いのが【慢性腎不全】です。

ほとんどの場合血圧が高かったり、糖尿病を患っていることなどから発症し
徐々に腎臓の機能が低下していきますが
これらの病状により、一度腎臓の機能が失われてしまうと
元に戻すことは不可能だとされています。

中には回復する方も稀にいらっしゃるようですが
一般的には回復の見込みはないと考えていた方が良いでしょう。
また、そこまで症状が進行していない急性腎不全の場合は、
まだ回復する見込みがあると考えられています。

急激に腎臓の機能が低下してしまうため、一見治療が難しいように感じてしまうかもしれませんが、
早急に原因を特定し専門医の治療を受けることにより、病状の悪化を防ぐことが可能だといわれています。

急性腎不全の原因としては、腎臓の中で作られた尿が身体の外に出ないことや
急性の進行性腎炎、腎臓関連の血管の詰まりなどがあるようです。

このように見ていくと、腎臓病は大変恐ろしい病ではありますが、
これらの病状は腎臓の機能が低下して病状が悪化した場合に起こるものです。

早めに検査を受けたり適切な治療を受けていくことによって、
病を回避することは十分に可能だといえます。
ですから、もしも腎臓病だと診断されても
早期に治療を行い病気が悪化しない限りは腎不全になることはありません

また、病院の治療に任せっきりにするのではなく、
自らの生活習慣を意識的に改善していくことも重要となってきます。

腎臓病の症状と尿の量には深い関係性があります

症状としては大きく分けると3つありますが
まず1つ目は尿の量が異常に増えてしまう多尿です。

腎臓病によって正常に働かなくなってしまった腎臓は、
尿の濃縮を行うことができなくなります。
これは、腎臓そのものの働きが低下していくとともに見られる症状の一種ですが、
症状が酷くなると自分でも分かるくらい量が多くなります。

また、尿が出過ぎるのも大変問題ではありますが
全く出なくなってしまうのも非常に危険な状況だといえます。
なぜなら全く尿が出ないということは、
尿を作り出す働きがすべて止まってしまっているということだからです。

これらの症状は無尿と呼ばれています。
要するに腎臓病が原因で、一切の機能が失われてしまったため
尿を作り出すことすら出来なくなっているということですが
この状況になってしまうと、病状は深刻な状況だといえます。

なぜなら、尿が出ないということは浮腫を引き起こすだけでなく、
体内で不要となった老廃物や毒素も排出されていないということだからです。

症状が悪化すれば命にかかわってくることも考えられます。

尚、無尿まで症状が進行していない乏尿についても注意が必要だといえます。

一般的には多尿の症状が悪化し始め病が進行していくと乏尿になっていくといわれていますが
多尿から徐々に乏尿へと症状が悪化している最中は、一瞬病気が改善されたと勘違いすることもあるようです。

このように、尿から分かる症状は比較的分かりやすいといえますので
定期的に自分の尿をチェックして健康状態を確かめておくと良いでしょう。

腎臓病の症状の中でたんぱく質が含まれた尿や、
赤血球が含まれた血尿が認められることがあります。

通常健康体であれば、たんぱく質や赤血球は
尿の中にほとんど含まれることがないものだといわれていますが
ひとたび腎臓病を患ってしまうと正常な働きができなくなってしまうため
これらの物質を尿と一緒に体外へ排出してしまうことになるのです。

そもそも腎臓は、糸球体というところでろ過を行いますが
このとき血液内の有効成分やたんぱく質だけを残して、
それ以外の成分をボーマン嚢へ送り込むようになっています。

それが、腎臓病を患うことによって正常に行われなくなり
本来ろ過されずに残るはずのたんぱく質や血液内の有効成分も外へ押し出してしまうのです。

たんぱく質の場合、糸球体でろ過が行われた後は尿細管で再吸入され、
改めて血液の中へ戻っていくのですが、
腎臓の調子が悪くなってくるとこの一連の働きがすべてストップしてしまいます。

また、血尿の場合ですが必ずしも肉眼で確認できるわけではないといわれています。

程度によっては肉眼でも確認できるほど鮮血に近い状態で排出されることもありますし、
顕微鏡を使って確認しなければ全く分からないということもあるのです。

いずれにしろ放置しておくと慢性的な腎臓病を患ってしまう可能性が高くなるため
いつもの尿とは違うと感じた場合は早急に専門医の診察を受け、適切な治療を始めるようにしてください。

腎臓病を患っている人が多いことは分かっていても、
他人事のように考えている方は多いようです。

近年、非常に患者数が増えてきており
国の機関も真剣に対策を考え動いてきていますので
腎臓病は深刻な病だといっても過言ではないでしょう。

数年前に日本腎臓学会が調査した際は、
20歳以上にあたる1300万人以上がCKD
いわゆる慢性腎臓病だと診断されていることが分かっています。

また、その中でも医療機関にて治療を必要としている人は、
約1300万人中半数以上だったとのことですので
決して人事ではない病だといえるのです。

ここ数年、サプリメントなどの健康補助食品が人気であることからも分かるように、
日頃の健康を気にする方がとても増えてきていますが
やはり生活習慣や食生活を根本から変えていかない限り
様々な病は減少していかないということですね。

このように考えていくと、腎臓病も例外ではありません。

特に、若い世代の中ではそこまで関心を持つことはないといえますが、
年齢に関係なく気をつけなければならない病の1つだといえます。

また、症状が悪化してしまうと治療が大変になるだけではなく
元通りに戻すことが難しいとされています。

正常に機能しなくなる理由はいくつかありますが
体の中で毒素をろ過するなど、重要な働きを行っている臓器ですので
様々な病を引き起こすきっかけとなることが多々あるのです。

また若いからと軽く考えず
体調に変化がみられた場合は、早めに病院へ行くことをおすすめします。

一言で腎臓病といっても症状によって様々な病名に分けられています。

遺伝性の病である多発性のう胞腎や、
糖尿病によって引き起こされる糖尿病性腎症など病名はいくつかありますが
その中でもよく耳にする病について取り上げてみることにしましょう。

まず腎臓病の1つとして取り上げられることが多いのが【ネフローゼ症候群】です。

腎臓にはろ過機能がありますが、このろ過機能が働かなくなった時に
本来は体外に排出されてはいけないたんぱく質が、排出されるようになります。

すると、むくみやコレステロールの上昇などの症状が見られるようになることから
これらの症状を総称してネフローゼ症候群と呼んでいるようです。

また、冒頭でも紹介した糖尿病性腎症は
透析治療を受けるきっかけとなる病の1つだといわれています。
病状が悪化すると血液のろ過が正常に行われなくなるなど、非常に怖い病であるといえますね。

それから、現代病の1つである動脈硬化などによって腎臓病が引き起こされるケースもあります。
この場合、腎硬化症と診断され治療を受けることになりますが
腎臓の血管が硬くなってしまうため、血流が非常に悪くなります。

この他にも、腎臓病は症状によって細かく病名が変わりますし
それに伴い治療法も変わってきますが、早期発見によって十分回復していくことが可能だといわれています。

定期的に検査を行い
専門医から適切な治療を受けていくことが、非常に重要だといえるでしょう。